2014年06月10日

危機感

 「危機感」

ガムシャラに毎日のように撞いていた時は感じているようで感じていなかったんだなぁ

思い出せるだけの過去の内容を振り返り、客観的にみてみるとそう思う

実にダサい

セットマッチやハウストーナメント程度のものであれば勝つ時もあれば負ける時もある

しかし、ビッグトーナメントや公式戦となるとそう容易くいくわけがない

それらにエントリーしてくる選手、なかでも勝ち上がってくるのは日頃から「危機感」や「緊張感」を感じながら練習している面子ばかり

たぶんWWW

そのなかに飛び込んで試合をしたって、危機感や緊張感になれていない身体と即席の集中力だけでは結果はみえている

 ここ一番での難球に対する攻守の判断と成功率
そういう時に大きな差が出るのではなかろうか



気がつけば俺ももう32歳

どこまでやれるか分からないけど
昔ほど撞く時間を確保出来ない分、質のいい練習を心掛けていこう

うん
上手く纏まらねーなWWW
ま、気にしない(´▽`;)ゞ

見返したときに今の気持ちを思い出せるように道標としてここに記す
posted by がむ〜 at 19:42| Comment(0) | ビリヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。